自律神経失調症とストレスの関係

Posted by: xEnHwWF5f6Ws

>> blog

自律神経失調症の原因としては様々なものがありますが、何と言ってもストレスが自律神経失調症の原因となるケースが最近増加しています。

自律神経は、自分ではあまり気づきませんが、心身のリズムを刻むための重要な神経であり、そのリズムは太陽光を浴びる、睡眠をとるなどの日常所作によって大きく影響をうけます。それがいいリズムであれば、自律神経も健康に保たれるというわけです。

しかし、ストレスを受けるとこの自律神経の働きが鈍ってしまいます。ストレスは血流や新陳代謝に大きな悪影響を与えることは知られていますが、その原因は自律神経がストレスによって適切な動作を阻害されることで起きることなのです。

自律神経失調症でありがちな不眠、食欲不振、性欲減退などの諸症状は、ストレスなどによって自律神経の働きを阻害されることが一番の原因ともいえるでしょう。ですから、ストレスの源となっている部分を解消することで、自律神経失調症の症状も改善することが多いのです。

どうしても改善が見られない場合は、心療内科などで精神安定剤の投薬を受けることで、薬物の力を借りて自律神経の働きを元に戻すことができます。長期間の服薬が必要というイメージがありますが、自律神経失調症が改善すれば服薬もそんなに長期間にはなりませんので安心してください。

This entry was posted on at and is filed under blog. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.