痛風って一体何?

Posted by: xEnHwWF5f6Ws

>> 未分類

痛風は字のごとく「風が当たっただけでも痛い」病気であるといわれていますね。痛風は「ぜいたく病」とも言われたように、美食や大酒が関係した病気でありました。
よって一昔前ですと、一部上流階級にのみ関わりのあるものであるとされていました。しかし、最近では食生活、生活習慣(座りっぱなしの仕事などによる運動不足)が変化し、ごく一般的な病気となっています。
食生活と深い関わりのある痛風は、血液中に「尿酸」という物質が増えてしまうことによって起こります。

尿酸は、健康なときには液体に溶けた形で存在していますが、これが過剰に増えてしまうと針状の結晶となり、体のいろいろな場所に沈着します。
関節などに沈着した場合に激しい痛風発作を起こします。血清尿酸値を正常にコントロールしておけば、関節炎発作の予防は可能であるといわれています。
しかしながら、他人から色々と制限される人生よりは、自分を磨くという観点で未然に節制していたほうがよいですね。
ですから、自分自身で能動的に美容・健康増進に取組まれることを強くお勧めしたいです。

痛風を招くメカニズム

尿酸は体内で「プリン体」と呼ばれる物質が分解されてできます。プリン体は食事から摂りこまれるだけではなく、新陳代謝によっても産生されます。
肝臓で代謝されて尿酸となり、腎臓で老廃物となり、排泄されます。老廃物として尿酸が作られ、体外に放出されるのが通常であります。プリン体を含む食べ物を摂り過ぎてしまうなどで、尿酸が作られすぎてしまったり、尿酸の排泄がうまくいかず、たまってしまったりすると、バランスが崩れてしまい、尿酸が体内にたまってしまいます。

こうして結果として痛風を招くことになってしまいます。 痛風にならないために 運動などの生活改善と共に食生活の改善が必要です。

食生活を見直す

食生活の改善についてはプリン体を制限した食事よりもエネルギーの過剰摂取を改善した食事の方が血液中の尿酸値が下がったという結果が多くみられるそうです。
エネルギーの過剰摂取(肥満)がなんらかの形で尿酸の代謝に関わっているものと考えられています。
エネルギーを制限した食事が痛風(高尿酸血症)治療・予防には重要であると言われています。 痛風(高尿酸血症)の人は 肉や魚に片寄った食事をしている人が多いのも特徴で、このような場合、芋類・野菜・海藻・キノコ類などを適度に取り入れたバランスの良い食事を心掛けることが必要ですね。

プリン体は遺伝子の一部なので多かれ少なかれ総ての食品に含まれています。人は食事をすることで、生きる一方、多かれ少なかれプリン体を摂取しているのです。
もし、今の食生活がプリン体を多く含む食品ばかりに片寄った食事をしているのであれば、やはり見直す必要はありますね。

また、血液中の尿酸値を高くしないように尿酸をうまく排泄させるためには日頃から十分に水分をとることも重要です。
水分といってもジュースやアルコール飲料では高カロリーとなりますので水やお茶などカロリーを気にしなくて良い飲み物を摂るようするのがよいですね。

運動習慣を見直す

(エネルギー過剰摂取⇒肥満)を防ぐために運動が必要ですが、痛風(高尿酸血症)に対しての運動は軽いものにして激しいスポーツのし過ぎは避けた方がよいです。
激しい運動を20分以上続けるとエネルギーのもとであるATP(アデノシン三リン酸)の分解によってヒポキサンチンができます。これが尿酸の原料となってしまうのです。
効果的に体内の脂肪を燃やすためには速歩やジョギングなどの有酸素運動を無理なく行うのがよいですね。一週間で合計140~180分、1回10分以上、1日20分以上、週2回以上を目安にされると効果的です。
痛風はメタボリックシンドロームとイコールではありませんが、やはり、偏った食事、運動不足などの現代の生活習慣が大きな要因となり、引き起こされているようです。
PS:(正しく)スリムを保つ、美を保つということはこれら生活習慣病の予防にも一役かっているということになりますね。

自分から運動するのが苦手だったり続かないというのであればヨガ教室などに通うのも一つの手ですね。全国的にたくさんあるヨガスタジオのラバヨガだったら、1000円で体験やってるみたいですよ。

This entry was posted on at and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.